【ぶれい考】自ら夢中になれる仕事へ/橋本 久美子

2020.10.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 吉村の女性管理職比率は33%。まだまだかもしれないが着実に増えている。

 女性活躍と叫ばれる前から、女性社員の力を仕事で発揮させたいと願ってきた。しかし、「内覧会のリーダーにならない?」などと声を掛けると炎上した。

 女性社員たちからの連名の手紙は忘れられない。封筒の中に人数分。「毎日精いっぱい頑張っているのに、これ以上私たちに何を望むのか?」と悲鳴のような記述が並んだ。社内で読んだら泣くと思って電車の中で読み始め、ショックに涙があふれて電車を乗り越す始末。

 失意の中で受けたセミナーで「ピンクカラージョブ」という言葉を知った。秘書や家政婦など歴史的に女性が担うことの多い職種は、ご主人様の意に沿い意を汲むことを求められる。「自ら目標を立てた経験がないのに、急に活躍しろといわれても戸惑いますよね」と講師はいった。

 ハッとした。吉村には…

筆者:㈱吉村 代表取締役社長 橋本 久美子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年10月26日第3278号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ