【ぶれい考】共通言語の「植田方程式」/橋本 久美子

2020.09.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 吉村には「植田方程式」がある。ラミネートの職人から、生産管理、営業、製袋と様ざまな仕事を渡り歩いた取締役生産本部長の植田の口ぐせが、いつしかそう呼ばれるようになった。

 植田が品質保証課を立ち上げ、損失金額の削減に取り組んでいた12年前のある日。営業の確認ミスで茶袋が再製造になった。「来月、この売上げ金額の分だけは必ず多くゲットします」と営業は宣言したが、同じ金額の売上げで損失は補填できない。損失金額に対して社員の受け止め方が軽いのは、売上げと損失金額が同列に捉えられているからだと気付いたという。…

筆者:㈱吉村 代表取締役社長 橋本 久美子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年9月28日第3274号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ