【ぶれい考】経営理念を判断基準に/橋本 久美子

2020.05.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 社長になってからすぐにリーマン・ショックが起きた。今まで通りでは未来はないと判断し、デジタル印刷の軟包装分野に踏み出した。東日本大震災の時には静岡茶からセシウムが検出された瞬間に売上げが止まり、「“なんでも”いいから売上げが欲しい」という自分の心の有り様に危機を感じた。経営理念成文化セミナーに通い、半年ほど格闘して経営理念を作った。

 今回の新型コロナ。みえない不安。だからこそ、未来を創造する転機にしたい。正解は誰にも分からない。自分の責任で手を打ち、…

筆者:㈱吉村 代表取締役社長 橋本 久美子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年5月25日第3258号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ