【ぶれい考】行動・影響・気持ちで投票/橋本 久美子

2020.03.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 社長になりたての頃、褒めてばかりいた。父が叱ることの多い社長だったから、その逆をめざした。良いところを探して社員に自信を持たせたいと思った。「Aさん流石だね」「頑張っているね、Bさん」「Cさんスゴイ(拍手)」。社内は断然明るくなる! と思ったのも束の間、「Aさんばかり褒められる」「私だって頑張っているのに」という不協和音が生まれた。

 親子関係の講座案内に「褒めて育てる、というのは親が子どもをコントロールしようとすること」と書いてあり、ドキン! とした。もっと良く評価されたいから、社員は私に評価されることが目標になる。私は社員を褒めることで、自分の思い通りに動かそうとしていたのかもしれない。…

筆者:㈱吉村 代表取締役社長 橋本 久美子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年3月23日第3250号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ