【ぶれい考】人の変化と人事の変化/守島 基博

2019.05.30 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 人事コンサルのデロイトが2017年に行ったミレニアル世代(1982年以降生まれの世代)を対象にした調査によると、「選択ができるならば、フリーランス的な雇用と、正規雇用のどちらを好むか」と聞く質問で、日本のミレニアル世代は、33%がフリーランスを選ぶと答え、世界平均の31%よりも高いのである。

 このことは何を意味するのだろうか。一つの解釈は、若者(といっても、上の方はもう30歳代半ばだが)の価値観や意識が変わってきたというものである。他に、ミレニアル世代は、…

筆者:学習院大学 副学長・経済学部経営学科教授 守島 基博

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和元年6月3日第3211号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ