【ぶれい考】弱者に寄り添った政策を/山本 和代

2016.05.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 いつの間にか桜が散り、新緑が鮮やかな季節である。故郷新潟では、雪から解放される春の訪れは本当にうれしいもの。でも一度だけ、中越地震後の春だけは心から辛いと思った。大きな揺れが当時勤めていた築100年の校舎も襲った。グラウンドはひび割れ、道路には亀裂が入り、山が崩れた。子どもたちの家の多くがブルーシートで覆われた。

 仮設住宅から通う子、車庫で過ごす子。そんな子どもたちと余震に脅えながら励ましあって過ごした。豪雪地帯であり、冬が来て雪が全てを覆うと子どもたちが言った。「雪、消えなければいいのに」――雪が消えたら、地震で傷ついた家や周りの悲惨な状況が露わになるというのだ。あまりに切なく私には返す言葉がなかった。…

筆者:連合 副事務局長 山本 和代

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年5月23日第3065号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ