【ぶれい考】結果よりもプロセスを/山崎 正晴

2014.09.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 サッカーW杯が終わって、あっという間に過去の人になってしまった感があるが、ザッケローニ前監督がインタビューなどで語ったチームマネジメントの要諦は、我われ企業人にとっても参考になることが多かった。

 本番の大会では不運にも結果が出なかったが、ザックが指揮したこの4年間でサッカー日本代表が成長したことは明らかだ。大会前も大会中も、代表チームの選手たちは、「自分たちのサッカー」をすることにこだわっていた。代表チームが成果を求められるのは当然だが、一言で成果と言っても、「事を成す」ことと、「果を成す」ことは本質的に異なる。…

筆者:横河電機㈱ 執行役員・人財本部長 山崎 正晴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年9月8日第2984号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ