【ぶれい考】3・11大震災から1周年/古賀 伸明

2012.03.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東日本大震災から1年が経過した。改めて震災で尊い命を失われた方々に哀悼の意を表するとともに、今なお避難生活を強いられている方々にお見舞いを申し上げる。被災地では、復旧から復興・再生に向けた懸命な努力が続いているが、その道のりは長く険しい。

 私たち連合は、震災直後から運動の重点を災害からの復興・再生にシフトし、カンパ活動やボランティア活動の実施に加え、政策・制度に関する政府との協議を実施し、被災地が一刻も早く復興できるよう取り組んできた。とくに被害の大きかった3県に対しては、昨年3月末から9月末までの半年にわたり、日数換算で延べ約3万5千人のボランティアを派遣し、救援物資やカンパによる支援を継続的に行った。これらの活動は、…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年3月19日第2865号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ