【ぶれい考】「大丈夫」じゃない時も/山本 和代

2016.11.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 最近気になる「大丈夫」という言葉の使い方。「ご飯行きませんか?」と誘っていただいたので近くにいた別の方に「あなたもご一緒にいかがですか?」とお声をかけたところ「あっ、自分は大丈夫です」との返答。つまり行かないってことだとは分かったけれど…

 買い物から帰ってきた夫の話。1480円の買い物をし、カードで支払ったとき、店員さんがこうおっしゃったと。「一括になりますけど大丈夫ですか?」失礼だろう。いい年のオヤジに1480円一気に引き落とされても平気かと聞いているのか!と怒っている。「働いているので、大丈夫です」と答えたらポカンとされたというので、笑った。…

筆者:連合 副事務局長 山本 和代

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年11月21日第3089号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ