【ぶれい考】オケは会社に似たり/江上 茂樹

2020.04.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 唐突ですが、私の趣味の1つが楽器演奏。途中でヴァイオリンからヴィオラに転向して、35年近くアマチュアオーケストラで演奏しています。社会人になり、オーケストラはまさに会社の縮図だと気付きました。

 たとえば指揮者。傍目には音も奏でず、何もしていないようにみえます。しかし、音楽全体の方向性を決めると同時に、全体を見渡して音のバランスを見定め、指示を出しながら1つの音楽に完成させていくのは指揮者しかできません。これはまさに…

筆者:サトーHD グローバル人財開発室長 江上 茂樹

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年5月11日第3256号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ