【ぶれい考】社員大切にする経営実践/近藤 宣之

2016.01.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 平成26年9月に、「人を大切にする経営学会」という新しい学会が立ち上がった。設立総会および学会が主催する「日本で一番大切にしたい会社」大賞の表彰式には、文部科学省、厚生労働省、経済産業省から副大臣や政務官が出席された。会長は、ベストセラー本「日本で一番大切にしたい会社」シリーズをすでに5冊上梓されている法政大学大学院の坂本光司教授である。会員も増加してきており、僭越ながら私も経営者会員の一人として、副会長を仰せつかっている。

 なぜ今、「人を大切にする経営」がキーワードなのだろうか?…

筆者:㈱日本レーザー代表取締役 近藤 宣之

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年1月11日第3048号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ