【ぶれい考】ゆとり=考える時間/諏訪 貴子

2013.08.26 【労働新聞】

 「御社の生産管理の工程設定はそんなにアバウトなんですか?」工場見学にきた大手企業の生産管理システムの担当者は目を丸くした。「その通りです。アバウトという”ゆとり”を持たせることが、効率化に繋がるんです」――先日、こんなやり取りがあった。…

筆者:ダイヤ精機㈱ 代表取締役 諏訪 貴子

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年8月26日第2934号5面

あわせて読みたい

ページトップ