【ぶれい考】ジョブ型雇用と人事/守島 基博

2020.09.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 急速にジョブ型雇用という考え方が浸透している。「職務の内容を明確に定め、仕事に人を当てはめる雇用のあり方」という理解が一般的にされており、対比されるのが、メンバーシップ雇用である。これは、ざっくりといえば「人をいったん組織のメンバーとして雇用したうえで、人中心に管理をしながら、人に仕事を当てはめる雇用の仕方」である。私の教える大学生でもすぐに理解する見事な対比である。濱口桂一郎氏に敬礼!

 だが、人事管理のなかで、ジョブ型を導入するには、少なくとも2点の考慮が必要なこともちゃんと理解しておいた方が良いだろう。1つは、…

筆者:学習院大学 経済学部経営学科教授 守島 基博

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年9月7日第3271号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ