【ぶれい考】豊かさ実感できる働き方へ/阿部 正浩

2015.02.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済学者は、時間を労働時間と余暇に分ける。余暇というと娯楽やスポーツを思い出すが、食事や睡眠などの活動も経済学では余暇に含める。労働と余暇に時間を二分した方が分析は簡単だからだ。

 では、労働と余暇をどう分ければ良いだろうか。…

筆者:中央大学経済学部 教授 阿部 正浩

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年2月2日第3003号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ