【ぶれい考】「守破離」の守は成長の土台/古谷 治子

2014.04.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 高層ビルを間近に見る時、この「基礎」はどんな構造になっているのだろうと、興味深く想像する。

 茶道も花道も、武道も経営も、何かを始める時に、必ず身に付けるものが「基礎」である。私もゴルフをたしなむが、やはり「基礎」をきちんと身に付けている人は、長く安定したプレーができるように思う。自己流で、短期に習得してしまった場合は、必ずどこかで崩れてしまうことが多い。…

筆者:㈱マネジメントサポート 代表取締役社長 古谷 治子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年4月28日第2966号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ