【ぶれい考】ジョブ型でなく合意型へ/野川 忍

2021.07.21 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 正社員改革が進まない。

 問題の核心は、新しい正社員のデフォルトを「ジョブ型」と構想することにある。会社が指示するなら、どこでも何でもどのようにでも働く、という無限定正社員のあり方は今後ごく特別な場合だけになる、という認識は共有されていても、そこから「ならば仕事を限定しよう」としか発想できないなら、結局は「社員が何をして働くかは会社が決める」という点で変わりはない。

 そうではなく、求められているのは、当該従業員がその会社で何をどこでどのように働くかは、お互いの対等な合意のうえで決める、というグローバルスタンダードの方向に向かうことである。

 つまり、…

筆者:明治大学専門職大学院 法務研究科 専任教授 野川 忍

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和3年8月2日第3315号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ