【ぶれい考】海遊館(事件)に思う/土田 道夫

2016.04.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 海遊館は、大阪市港区に所在する水族館であり、「東洋一の水族館」とも謳われる存在である。爆笑問題の「探検バクモン」でも2週にわたって取り上げられた。年齢的にUSJが厳しい私も、海遊館は心から楽しめる存在だ。

 ところが、この海遊館が、別の意味でも名を知られることになった。言わずと知れた、管理職セクハラ事件最高裁判決(最判平27・2・26)によってである。直後、メディアは寄ってたかって実名報道し、おかげで、悪い意味でもメジャーとなってしまった。本判決の後、東京の友人に、「海遊館は東洋一の水族館やから、大阪に行ったらきっと寄ってや」と言うと、「あんな悪質なセクハラを産み出す職場を見てみたい」などと言い、会話は噛み合わない。…

筆者:同志社大学法学部・法学研究科 教授 土田 道夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年4月4日第3059号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ