【ぶれい考】第4次男女平等参画推進計画/古賀 伸明

2013.07.15 【労働新聞】

 先ごろ発表された「ジェンダー・ギャップ指数」によると、日本は直近の12年版で調査対象135カ国中、101位となった。特に女性の管理職比率は106位と低く、政治に関する分野と併せて日本の順位を大きく引き下げている。

 女性の管理職比率が低い要因の一つに、男女間の勤続年数の格差が上げられる。家事、育児、介護などの家庭責任が女性に偏り、子育て期の男性の長時間労働の是正も進んでいないため、妊娠・出産をした働く女性の6割が未だに離退職を余儀なくされている。…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年7月15日第2929号5面

あわせて読みたい

ページトップ