【ぶれい考】外部連携で”大きな絵”に/横田 響子

2016.03.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪育ちの私。近代、大阪の発展に寄与した偉大な経営者のお一人といえば、阪急電鉄の創業者小林一三翁だ。祖父が戦前宝塚歌劇団の脚本やファン向けの雑誌編集をしていた縁もあり、身近な存在で、先日出張ついでに小林一三翁の記念館に足を運んだ。印象的だったのが一三翁の肉声で、「電鉄も都市開発も東宝も、どれも周囲は当初いちゃもんをつけてきた。そんなもんだ」という主旨。大きな絵(ビッグピクチャー)を描いても周囲からすぐに賛同は得られないもの――小林一三翁の晩年の言葉だ。

 今回はビッグピクチャーを描くことを機に発展をしている女性起業家を紹介したい。…

筆者:コラボラボ 代表取締役 横田 響子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年3月28日第3058号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ