【ぶれい考】人生を変えた「福の神」/野崎 治子

2018.01.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 年が明け、もう2月が目前というのが実感だ。年齢とともに時間の経過を早く感じる。当社創業者の故堀場雅夫が、2歳児の1カ月は人生の24分の1だが、50歳になると600分の1に過ぎないからだと解説してくれたことを思い出す。

 生まれも育ちも職場も京都で今日に至るが、人生の転機となった京大アメフト部入部にご縁の不思議を思う。きっかけは、入学式前に偶然出会った法学部の女性だった。…

筆者:堀場製作所 理事 野崎 治子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年1月29日第3146号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ