【ぶれい考】社員評価でクレドを浸透/近藤 宣之

2016.09.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ある外資系ホテルのクレドが有名になったように、経営理念や経営方針をカードにまとめ社員に配布する企業は多い。しかし、その内容が浸透しないとの悩みをよく聞く。クレドは、まだ一般的な日本語にはなっていないが、信条と訳される。経営にとっては、経営理念やミッション、価値観、経営方針などを言明したもので、わが社が何をめざし、いかなる理念で経営し、何に価値を置き、どのような会社にしたいかなどを明確に述べている。社員にとっては、社員憲章や行動規範に当たり、働き方の基本や望ましい姿、理念を体現する社員の条件などを具体的に示している。…

筆者:㈱日本レーザー 代表取締役社長 近藤 宣之

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年9月12日第3080号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ