【ぶれい考】新たな社会・経済モデルを/古賀 伸明

2013.01.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東日本大震災の被災地が2度目の新年を迎える中で、新しい年2013年がスタートした。私たち連合は常に被災地にしっかりと向かい合い、大震災を決して風化させない活動を継続していきたい。

 さて、私が言うまでもなく、今、私たちは大きな歴史的転換期の真っ只中に立っている。グローバリゼーションの一層の激化、雇用構造の変化、世界に類を見ないスピードで進行する人口減少を伴う超少子高齢社会の到来、地球環境や循環型社会の要請の高まり、食料・水・エネルギーなどの資源問題、等々。…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年1月21日第2905号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ