【ぶれい考】真の「働きがい」を求めて/大久保 伸一

2018.02.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 本年の春討は、国と経済団体と組合が賃金引上げを求め、四面に楚歌を聞きつつ交渉のテーブルに向かうことになる。おそらく議論は労使双方の立場を堅持しつつ、白熱することになるだろう。

 この常に対立し合う2つの組織を、ノーベル賞を受賞したクロスカップリングのように融合させ、ともに満足・活性化させることができたら驚きではないだろうか。それが存在するから面白い。…

筆者:凸版印刷㈱ 専務取締役 人事労政本部長 大久保 伸一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年2月12日第3148号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ