【ぶれい考】職場は命を輝かせる宇宙/大久保 伸一

2018.09.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 5月の本欄で書いた「役員塾」の第一期に訪れたのは高野山。荘厳な高野の街にある「無量光院」の宿坊に泊まり、早朝のお勤めに出席した。約1時間半の護摩業後、土生川正道前官御坊のお話があった。

 「皆さんの前に灯っている灯明は、1200年前にお大師様が灯した灯明がそのまま受け継がれてきて、今日その光を放っているのです。凄いでしょう。しかし考えてください、皆さんの身体に灯っている生の炎は、生命が誕生して38億年の時を経て、今皆さんの中で輝いています。これは奇跡だと思いませんか。いかに生命を大切にしなければいけないか、分かりますか?」――この生命の灯をいくつもの世代を超えて永く灯し続けることこそ、我われに与えられた使命であろう。

 その後、奇しくも再び同じような場面に遭遇した。…

筆者:凸版印刷㈱ 専務取締役 人事労政本部長 大久保 伸一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年9月10日第3176号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ