【ぶれい考】寅さんとSDGs/大久保 伸一

2018.10.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ある大物経済人の勉強会に参加した時のことである。前半はその時々の政治情勢や経済動向についての議論であり、後半は宴会となった。各人の出し物は様ざまだが、軽いノリのポップスを歌うわけにもいかず、お座敷芸の1つもない私には敷居の高い世界だった。

 その時に助けられたのが、学生時代から見続けた映画「男はつらいよ」の主題歌だ。「私、生まれも育ちも葛飾柴又です…」のセリフで始まるお馴染みの曲である。これが妙にうけた。…

筆者:凸版印刷㈱ 取締役専務執行役員 人事労政本部長 大久保 伸一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年10月15日第3180号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ