【ぶれい考】今を生きるということ/大久保 伸一

2018.12.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 4年ほど前、年末に国内と海外の出張をこなし、帰国するとやや熱っぽい。しかし、年内最終日は手締めの大役があるため無理して出社。忘年会も4つ梯子し深夜に帰宅した。翌日、インフルエンザの診断を受け、薬も処方されたがどれを飲んでも一向に回復しない。

 大晦日の朝、いよいよ呼吸ができない。慌てて大学病院でレントゲンを撮ると、肺が真っ白で緊急入院。数ある呼吸補助器も功を奏さず、口から肺まで管を挿入して酸素を送り込むことになった。…

筆者:凸版印刷㈱ 取締役専務執行役員 人事労政本部長 大久保 伸一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年12月10日第3188号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ