【ぶれい考】「肚」を決める/大久保 伸一

2018.06.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 よく、座右の銘は何ですか? と聞かれることがある。私にはそれが3つある。1つ目は、茨城県大洗町で酒屋を営んでいた祖父の言葉である。祖父は「大洗三奇人」の1人といわれ、かつて騎兵の時に理不尽な上官を馬で追い回し、営倉に入れられたというエピソードを持つ。袋クジを大量に買い、孫や近所の幼い子供たちを集めては好きに引かせるとか、砂糖を100グラム用の袋に105グラム入れて売るとか、優しいが変わった人であった。…

筆者:凸版印刷㈱ 専務取締役 人事労政本部長 大久保 伸一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年6月11日第3164号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ