【ぶれい考】アートの力を借りる/大久保 伸一

2018.11.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 アートの力を借りてメンタル不全や認知症に対抗する――こういうと意外に思う人は多いと思う。人間の脳には左脳的働きと右脳的な働きがあるという。我われは近年、左脳的な働きを促進する環境や教育を多く受けているが、感情や情動など右脳的働きを疎かにしてきた感がある。

 りんごの絵を描いてみる。丸を書いてTを逆さにしたものを上に付けるとりんごが完成する。そして多くの人がこれを「りんご」と認識する。しかしこれはりんごの絵ではなく、幼い頃から教え込まれた記号のようなものである。…

筆者:凸版印刷㈱ 取締役専務執行役員 人事労政本部長 大久保 伸一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年11月12日第3184号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ