【ぶれい考】「人間尊重」かくあるべし/大久保 伸一

2018.04.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 毎年4月を迎えると、私の脳裏には、苦く、そして満ち足りたある思い出が蘇る。それは、その年入った新入社員に、私の新入社員時代の失敗談を話すことにもよる。

 40年前のオイルショック直後に入社した当時、1年間現場での実習があり、私は写真製版課カメラ係であった。入社直後の4月29日のことである。天皇誕生日での祝日、当時は振替えで出勤日だった。前日に他社に就職した友人と痛飲し、やや二日酔い気味で出社したものの、真面目に仕事に就いたのはいうまでもない。…

筆者:凸版印刷㈱ 専務取締役 人事労政本部長 大久保 伸一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年4月9日第3156号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ