【ぶれい考】人足・人手・人材・人財・人才/諏訪 康雄

2018.03.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 人類の営々たる工夫と努力が文明を築き維持してきた。

 農業の知識技術を発展させた農業革命で、狩猟採集の時代を凌駕する生産力が生まれ、文明の基礎が築かれた。次いで科学と機械の飛躍的発展が産業革命を呼び起こし、近代社会につながった。さらに情報機器や通信の発達が…

筆者:法政大学 名誉教授 諏訪 康雄

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年3月5日第3151号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ