【ぶれい考】許しておけない雇い方/南部 美智代

2016.09.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 雇用形態や働き方が益々多様化する現在社会において、「法人格の濫用」ともいえる事件が起きているのをご存知だろうか。

 冠婚葬祭で国内最大手の㈱ベルコを訴えた「ベルコ事件」である。雇用・労働条件の改善に向け元従業員らが労働組合結成の準備を始めたことを本社が察知し、代理店主に動きを止めるよう指示したのが事件の発端。2015年1月、労働組合は結成された。

 その後本社では、代理店主との契約を解除し、従業員には新規代理店での雇用手続きをとったものの、労働組合結成にかかわった2人の従業員は解雇されたという、極めて悪質な不当労働行為の解雇事件である。…

筆者:連合 副事務局長 南部 美智代

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年9月19日第3081号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ