【ぶれい考】見えない貧困/南部 美智代

2018.09.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「フードバンク」をご存じだろうか? 安全に食べられるのに包装の破損や過剰在庫、印字ミスなどの理由で流通に出すことができない食品を、企業などから寄付を受け必要としている施設や団体、困窮世帯に無償で提供する活動である。

 先日体験してきたフードバンク山梨は、10年前に米山けい子理事長が1人で立ち上げ、今では多くのボランティアの参加もあり、2017年には587世帯(2098人)が利用、そのうち19歳以下の子どもは52%となっている。…

筆者:連合 副事務局長 南部 美智代

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年9月17日第3177号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ