【ぶれい考】興味深い就活後ろ倒し/山崎 正晴

2014.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 2016年度から、大卒の採用活動時期が変更になる。これまで大学3年の12月1日に広報活動開始、大学4年の4月1日から選考活動開始だったのが、前者は大学3年の3月1日、後者が大学4年の8月1日になる。つまり、広報活動開始日が3カ月、選考開始日が4カ月後ろ倒しになる。

 また、採用活動期間ということでは、内定時期が同じ10月なので、選考活動期間は従来の6カ月から2カ月に大幅短縮され、一方で、広報期間は従来の4カ月から5カ月に1カ月延びることになる。…

筆者:横河電機㈱ 執行役員・人財本部長 山崎 正晴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年11月10日第2992号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ