【ぶれい考】人の「自然」と働きがい/江上 茂樹

2020.07.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「コロナ禍は、人間の自然に対する冒涜の結果だ」という論調を目にすることがありますが、あながち間違ってはいないのではないでしょうか? 昭和50年代に開発された新興住宅地で育った私は、時々ネット上で地元の航空写真を見ますが、本当に唖然とします。「人間はここまで自然を破壊してしまったのか」と。もちろん、人間が自分達の都合の良いように自然を利用してきたのは今に始まったことではありません。しかし、この50~100年はその度合いが加速度的に上がってきたことは誰もが頷くところだと思います。

 人間は、その知能や…

筆者:サトーHD グローバル人財開発室長 江上 茂樹

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年7月13日第3264号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ