【ぶれい考】課題が「所与」の世代/矢木 孝幸

2019.09.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今年の夏は7月下旬から急に猛暑が続き、熱中症で病院に救急搬送された患者が相当数に上ったと報道されている。梅雨が長かったためか、夏に早く来て欲しいと願っていた方々も多かったはず。それなのに、いざ夏が来ると暑さに参ってしまうことを考えると、人間という動物は、「近くの不快感を解消する」ことが最重要課題になりがちな、つくづく近視眼的な生き物だと感じてしまう。

 少子高齢化については、1970年代以降すでに高齢化の傾向が指摘されていた。…

筆者:連合 副事務局長 矢木 孝幸

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年9月16日第3225号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ