【ぶれい考】陸前高田市を訪ね続けて/栗田 美和子

2017.04.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

一関から陸前高田を震災後に訪問するのは何度目だろう。震災発生当時、陸前高田の友人に連絡がつながるまで3~4日かかった。周囲状況はテレビ画像以上だった。不足物資を聞き、10日程後に「暖かい食事が食べたい」といわれ、炊き出しに行ったことが通う始まりである。…

筆者:クリタエイムデリカ 代表取締役社長 栗田 美和子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年4月24日第3110号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ