【ぶれい考】情報提供の適正化へ協議会/吉田 修

2015.12.14 【労働新聞】

 「厭々する労働はかえって人を老衰に導くが、自己の生命の表現として自主的にする労働はその生命を健康にする」。大正12年の与謝野晶子の言葉である。この労働観の実現こそ雇用政策の永遠の目標であろう。最終回は、求人メディアが果たしている役割を振り返ってみたい。…

筆者:全国求人情報協会 参与 吉田 修

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年12月14日第3044号5面

あわせて読みたい

ページトップ