【ぶれい考】しぶとい男女間賃金格差/山本 和代

2020.02.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 1922年当時、男性と女性では、同じ仕事をしていても賃金に差があった。たとえば学校の先生は、初任から月給で5円違っていた。当時の1カ月の食費に相当する。そこから時代は進み、男女雇用機会均等法や育児介護に関する法が整備され、女性活躍推進法もできて、もうそんな賃金の差はなくなった。「では、本当に男女間で賃金に格差はないのか?」というと、そうではない。

 日本では、男性の賃金を100とした場合における女性の賃金は約70。男女間賃金格差は諸外国に比べ大きく、OECD先進国ではワースト2だ。要因として、…

筆者:連合 副事務局長 山本 和代

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年2月17日第3245号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ