【ぶれい考】楽観主義のすすめ/根岸 茂文

2013.11.11 【労働新聞】

 現下の企業経営に目を転じると、アべノミクス効果で経営環境は明るさを増してきているものの、「6重苦」のうち、苦から解放されたのは「円高」だけ。その他は依然として苦のままである。さらには将来を展望しても、そこには少子高齢化・人口減少という日本経済の構造的な問題、さらにはグローバル競争の激化等々諸課題が山積している。…

筆者:埼玉県経営者協会 専務理事 根岸 茂文

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年11月11日第2944号5面

あわせて読みたい

ページトップ