【ぶれい考】正解がない組織文化/石山 恒貴

2021.04.22 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経営にとって組織文化は重要だとされる。そのため経営理念の浸透などで、正しい組織文化の徹底を図っていく、という考え方もあるだろう。しかし、そもそも「正しい組織文化」なるものは存在するのだろうか。

 組織文化は目に見えないもので、把握されにくいことが知られている。組織文化の研究者として有名なエドガー・シャインは、組織文化の解読は困難だとしている。組織文化は目に見える組織構造や業務手順だけで成り立つのではなく、その背後にある価値観や基本的な前提も含めて構成されている。ところが、背後の価値観や基本的な前提は、その組織のメンバーにとっては、解読がきわめて困難になる。なぜなら、…

筆者:法政大学大学院 政策創造研究科 教授 石山 恒貴

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和3年5月3日第3303号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ