【ぶれい考】ワークスタイルイノベーション/谷川 和生

2012.07.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ダイバーシティ(=多様性)の推進が経営の重要テーマとなって、働き方に関する様ざまな見直しが進められている。その一つに労働時間の設定に関する議論がある。

 労働時間をどう設定するか(あるいはどう規制するか)は、これまでホワイトカラーの労働時間の規制のあり方を中心に議論された。特にその中で、通常の時間外規制の枠外とする議論は『ホワイトカラーはその働き方に裁量性が高く、成果に対して賃金を支払う仕組みとして、いわゆるホワイトカラーエグゼンプションの導入が望ましい』としたのである。…

筆者:㈱東芝 顧問 谷川 和生

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年7月9日第2880号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ