【ぶれい考】ガバナンスの風土/谷川 和生

2012.01.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 2012年を迎えた。昨年は大規模自然災害に対する備えをはじめ、ソブリンリスクに象徴される経済運営、またガバナンスと称される企業経営のあり方等多くの課題が現実のものとなり、年頭に当たってトップのお話ではこれらにどう対処するかの方向付けが熱く語られたと思う。

 こうした昨年の出来事の中で、興味を引いたのがガバナンスである。不祥事に至った原因の一つとして「物言えぬ風土」が引用されていた。…

筆者:㈱東芝 顧問 谷川 和生

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年1月16日第2856号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ