【ぶれい考】共感得る理想像提示を/田中 雅子

2019.05.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 当社が働き方改革の活動を始めた頃、従業員からこんな投げかけがあった。「会社は生産性を向上させよというが、より短い時間で仕事の成果を上げたら、空いた時間でもっと仕事をさせられるのだろう。これではどうも納得がいかない」。

 これを受け、一人ひとりの従業員が「働き方改革」に前向きに取り組めるよう、会社がどんな働き方を推奨するのか、具体的なメッセージを出すこととした。「まず、仕事の無駄を省き、生産性を上げることにより、従来の仕事をより短い時間でできるようにする。そして…

筆者:古河電気工業 執行役員 人事部長 田中 雅子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年5月13日第3208号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ