【ぶれい考】前を向いて歩くのも大切/矢木 孝幸

2017.11.21 【労働新聞】

 巨額な財政出動の結果、日本には莫大な負債があり、国債・借入金等、国の借金総額の累計は、すでに1093兆円を超えている(財務省主計局調べ)。

 こうした環境の下、今後数十年間で我われが直面するのは、少子高齢化時代に対応した社会保障制度や税制改革等「新たな国家のグランド・ビジョン」…

筆者:連合 副事務局長 矢木 孝幸

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成29年11月20日第3137号5面

あわせて読みたい

ページトップ