【ぶれい考】人権尊重の視点で線引き/山本 和代

2019.08.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「ちょっと女の子に冗談いっても、すぐセクハラ扱いされちゃって、めんどうな世の中だよ」「昔の女性はうまくあしらってくれたもんだけどね」「少し強く注意しただけなのに、ハラスメント? 近頃の若者は甘いんだよね」なんていう声を聞くことがある。

 ここ数年、ハラスメントに関する相談は増加の一途をたどっており、労働者の心身を追い詰めるということで社会的にも問題視されている。ハラスメント根絶を求める声は、世界各地で高まりをみせ、…

筆者:連合 副事務局長 山本 和代

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年8月19日第3221号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ