【ぶれい考】ブラジル子会社に学ぶ/田中 雅子

2019.07.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 経営のグローバル化に伴い、コーポレートの人事部はどんな横串機能を果たすべきか、悩みながら考え続けている。経理、IT、内部統制、ものづくりなどの機能は、グローバル共通にガバナンスを利かせやすいが、人事領域は異なる。各国の法制度、雇用慣行、文化が異なる上に、日本の雇用制度や人事管理が特殊なものであるからだ。

 当社では、2~3年前から、グローバルHRミーティングと称し、アメリカ、ブラジルの子会社の人事部門との協働を始めた。できることから行動を起こし、彼らの知見も活かしてグループ共通の取組みを検討、促進しようと考えた。将来の経営人材候補を育成する…

筆者:古河電気工業 執行役員 人事部長 田中 雅子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年7月8日第3216号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ