【ぶれい考】OECD加盟50周年/古賀 伸明

2014.06.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 OECD(経済協力開発機構)は、1948年4月に欧州16カ国で発足し、現在34カ国の先進国が加盟する国際機関であり、先進国間の自由な意見交換・情報交換を通じた、経済成長、貿易自由化、途上国支援への貢献を目的としている。

 この組織の特徴は、労働組合諮問委員会(TUAC)、そして経済産業諮問委員会(BIAC)がメカニズムの中に組み込まれていることにある。私は…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年6月16日第2973号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ