【ぶれい考】社員を幸せにする制度か/江上 茂樹

2020.04.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 多くの管理職、人事関係者に問いたい一つの質問があります。「あなたの会社の人事制度は社員を幸せにしていますか?」と。感覚ベースで「はい」か「いいえ」で答えてみてください。少なくとも私の経験では、「いいえ」の経験の方が多かったと思います。

 成果主義の評価制度も成果昇給や手当といった報酬制度も、結果的に社員を幸せにしていない気がします。残るのは、上司も部下も感じる低い納得感と、結論に至るまでの多くの作業や調整による徒労だけ。生産性も低いですよね。働き方改革的にもメスを入れるべき業務だなともいえます。…

筆者:サトーHD グローバル人財開発室長 江上 茂樹

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年4月13日第3252号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ