【ぶれい考】電話応対は高い声で/古谷 治子

2014.11.24 【労働新聞】

 小さい頃、自分の声を録音して聞いた時のことを良く覚えている。「私の声じゃない」と思わず叫んでしまった。しかし、それは紛れもなく「自分の声」だったわけである。

 私は仕事柄、頻繁に「自分の声」を聞く機会があるが、皆さんはなかなか「自分の声」を客観的に聞くことはないのではないか。実際に自分の声を聞いたほとんどの人が、「自分のイメージと違う。他の人の声みたい」と反応する。さらに、電話を通しての声は、もっと自分のイメージを裏切る。つまり、声というものは、自分が思っているとおりに発声され話されているわけではない、と自覚すべきなのである。…

筆者:㈱マネジメントサポート 代表取締役社長 古谷 治子

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年11月24日第2994号5面

あわせて読みたい

ページトップ