【ぶれい考】会社は生きている/諏訪 貴子

2013.11.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 早いものでもう11月。寒さが日に日に増し、そろそろ年末年始に向けた準備に取り掛かる時期となった。本欄への寄稿も残すところ今回を含めて2回である。

 当初は論文しか執筆経験のない私が対応できるだろうかと不安があった。しかし、書き始めると次第に慣れてくる。不思議なものだ。改めて、何事にもチャレンジしてみないと道は開けないということを学ばせていただいた。…

筆者:ダイヤ精機㈱ 代表取締役 諏訪 貴子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年11月25日第2946号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ